インターネット起業でミリオネア!

リストが多いから売れるのか

当サイトでも使用しているレンタルサーバーはこちら

月額1,050円から利用できる快適高機能レンタルサーバー


リスト、メルマガ読者が多いから「売れる」とは限らない

 

ここから、リストの教育の仕方について話していきます。

 

 ものを販売すること

 

アフィリエイトが一般的になってきたというものの、
ほとんどのアフィリエイターは稼げていないのが事実です。

 

リストの教育の前に、購買者、消費者意識を考えてみます。

 

ものを、「買う側」の思考の流れを簡単にしてみました。

 

  商材を知る

 

   ↓

 

 「どうしようかな」

 

   ↓

 

 「自分では、いいかなとは思うけど・・・」

 

   ↓

 

 「買ってもいいけど」

 

   ↓

 

 ○○さんも買ったみたい

 

 

   ↓

 

 「でも、私に必要かな?」

 

   ↓

 

  ○○○○円!!

 

   ↓

 

 「う〜〜ん、値段が ・・・」

 

   ↓

 

 「○○さんが言うのなら・・・」

 

   ↓

 

 「思い切って申し込もう」

 

   ↓

 

 読んでみる

 

   ↓

 

 「ここまで書いてあるのか」

 

   ↓

 

  お得感(^_^)v

 

商品を知ってから、あなたのお手元に届いている
のではないでしょうか。

 

実は、私の知人や親しくしてもらっているメルマガ者の方に、情報商材のアフィリエイトをお願いしました。

 

中には、1万部を超えるメルマガでも紹介してもらいました。

 

 

 その結果 ・ ・ ・

 

 

 どうだったかというと

 

 

 うん、うん、いい感じで ・ ・ ・

 

 

 とはいきませんでした。

 

1万部を超えるメルマガも上位ではありませんでした。

 

 

メルマガ読者が多いから「売れる」とは限らないのです。

 

部数が少ないメルマガの方が売れてたりします。

 

一番よく売れたのは、私自身のメルマガを通してでした。

 

しかも、圧倒的に数が違います。

 

 

この結果を、あなたならどう分析しますか。

 

文章が特別上手だとは思わないのに、売れるメルマガがあります。

 

では、「なぜ?売れるのか?」

 

そこに、「リストの教育」という販売戦略があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ